佐藤みなとのプロフィール

はじめまして。

おかたづけ便を運営している「佐藤みなと」申します。

 

ミニマリストで、脱・マキシマリスト、脱・汚部屋を目指すあなたをマンツーマンでサポートする、「じぶんづくりプランナー」として活動をしています。

 

 

さらっと、プロフィールをご紹介します。

  • 1984年生まれ
  • やる気のあるときだけやる気を出すO型
  • 5.3畳、収納なしの部屋に一人暮らし
  • 好きな時間:おいしいごはんを食べて、味わい、ニヤニヤすること
          お散歩をしながら写真を撮ること

 

モノを減らして、あなたが好きなことを存分に楽しむ時間を作ることを得意としています

ミニマリスト/ミニマムな暮らしを始めたキッカケ
「5.3畳、収納なし 」の部屋での新生活

私はバツイチです。

離婚する前に別居をすることになり、引っ越すことになりました。

 

 

しかし、引っ越した部屋は「5.3畳、収納なし」の部屋。

備え付けのベッド、机、椅子に、自分の生活用品を持ち込みました。

 

もちろん、内見の時点で、部屋が狭いことは織り込み済でした。

けれど、実際に住んでみると、その狭さは想像以上です。

持ち込んだすべての生活用品を入れると、床が見えなくなっていました。

 

そのまま1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月・・・。

時間が経つごとに体調不良が悪化し、心身ともに疲弊していきました。

それに伴って、部屋にはモノが増え、気づいたときには汚部屋化していました。

 

そのときにようやく、部屋に見合ったモノの量じゃないんだ・・・と認識。

そこから、徐々に少ないモノで暮らすため、ミニマリスト化を進めていきました。

 

毒親からの卒業

「親(母親)が毒親かもしれない・・・」

 

私がこのことに気づいたのは30歳の頃。

人生で経験することはないだろう・・・と思っていた離婚の直後でした。

 

 

気づいたきっかけは、離婚直後の罵声。

不貞行為などをしていないけれども、相手にお金を払ったことについて母親が激怒。

私自身、理不尽と思いながらも、離婚をするための「投資」と納得していたのもあり、

失望しかなかったのです。

 

「あぁ…、この人は、自分の思う結果じゃないと満足しないんだ」

 

 

思い返すと、幼少期から毒親の要素があったのです。

  • 母親の思いどおりにならないと、感情的に怒鳴り散らす
  • 子どもの予定を細かく管理、干渉する
  • 子どもの決断を批判する
  • 子どもの成功(進学、就職、転職、結婚など)を全否定する

 

もちろん、母親にも母親なりの事情はあったでしょう。

けれども、私には、ひとりの人間として扱われた記憶はありませんでした。

 

それだけ、毒親の毒に侵されていたのです。

だから、そのような記憶を少しずつ紐解いていき、毒親と向き合うことにしました。

心のモヤモヤを自分で解放するために、それ以外のことを考える時間を減らす。

 

ミニマリスト化を進めるのと同時に、セルフコーチングをする力を鍛えたのです。

 

 

汚部屋から、エンジョイ・ミニマムライフ

・・・とはいえ、私は片付けられませんでした。

 

当時の趣味はショッピング。

衝動買いが多く、モノが増える一方でした。

それで、捨てないし、モノを部屋のあちこちに放置するしで、片付けとは無縁でした。

 

それでも、離婚(別居)をキッカケに一念発起をしました。

片付けに関するインターネット情報を参考にしながら、片付けも断捨離も始めたのです。

自分自身に向き合いながら、できる範囲で片付けをし続けていきました。

 

「あぁ、これで良かったんだ」

 

すると、ある日、気持ちが軽くなったのです。

これまで抱えていたことが身体から離れて、脱皮をするようでした。

私の人生の第2章が始まるような感覚で、すがすがしかったのです。

 

片付けをしてわかったこと

片付け・断捨離にチャレンジをする方はたくさんいらっしゃいます。

そして、それと同じくらい、挫折してやめる方がいらっしゃいます。なぜでしょう?

 

 

それは、片付けをする「環境」が整っていないからです。

 

片付けに苦手意識を持っている方の多くが「自分にはできない」と認識しています。

すると、どんなに些細なことでもうまくいかないことがあると、つまらなくなります。

わからないことがあったら先延ばしにし、フェードアウト・・・なんてことも起こります。

 

 

けれど、マラソンのように、そばに伴走者がいる場合はいかがでしょう?

 

「できない」と思って諦めかけることがあるかもしれません。

それでも、適切なアドバイス、見守ってくれる存在がいる安心感があります。

片付けを続けるための「環境」が整うので、片付けを完了することができるのです。

片付けを通して伝えたいこと

「あなたがあなたの足で人生を歩む、そのキッカケに片付けから始めてほしい」

 

私は、そう思っております。

それは、主催するカフェ会の受講生が、心身に何らかの悩みを抱えていたからです。

 

悩みは様々で、誰一人、同じ悩みを抱えている方はいらっしゃいません。

その悩みに見て見ぬ振りをして、片付けられない自分を正当化しているのです。

片付けをしなくても済む理由を探しているのです。

 

 

けれど、あなたの人生を動かすのはあなた自身。

すべてはあなたの選択にゆだねられているのです。

だからこそ、私は、あなたが自身の力で片付ける力を身につけてほしいのです。

それが、あなたの習慣や行動に大きな変化を与え、生き方さえも変えるのです。

「じぶんづくりカフェ会」の開催

あなたがあなたのままで生きていく、その一歩を作りたい。

このような思いから、「じぶんづくりカフェ会」を定期開催しています。

 

カフェ会は全部で3つ。

  • お部屋づくりカフェ会:部屋の片付けを始めようとされている方向け
  • 自信づくりカフェ会 :心のモヤモヤに向き合おうとされている方向け
  • 習慣づくりカフェ会 :やりたいことを継続したいと考えられている方向け

 

どのカフェ会も、和気あいあいと話のできる形で進行しております。

ガチガチの勉強セミナーではありませんので、お気軽にお越しください。

 

カフェ会の詳細・開催スケジュールは「こちら」から。

佐藤みなとのもうひとつの顔:アクセサリー作家としての活動

私のもうひとつの顔。それは「アクセサリー作家」です。

 

ミニマリストらしく、シンプルなアイテムを作っています。

どんな服装でも着回せるようにという思いを込めてものづくりをしています。

 

 

ハンドメイドアクセサリーはこちらから⇒「m breeze」

マスコミ掲載履歴
  • アリシアクリニック メンバーズマガジン[アルデンシア]9号
他メディア紹介

ホームページのほか、ブログ、Facebookにて情報を発信しております。

応援のほどよろしくお願いします。

活動実績
過去実績