「あなたのなりたいあなた」に出会おう!


「片付け」と聞いて、最初に思い浮かぶことは何でしょうか?

 

モデルルームのように、モノがひとつも置かれていない部屋。モノを出し入れしやすい部屋。ずばり、「部屋の片付け」ではないでしょうか。

 

 

けれど、片付けられるモノは部屋だけに限りません。人間関係、あなた自身の価値観や思考回路、ライフスタイル・・・などなど。実は、あなたの人生の人生のあらゆる場面で出会うものなのです。

 

 

とはいえ、「片付けよう!」と決意したときほど、早く対処しなければならない出来事・・・大事なテストだったり面接だったり、あなたの人生や将来を大きく左右しうることが目前に迫っていることもしばしば。集中して片付けに取り組むのが困難な場合もあります。

 

さらに、元々片付けには不慣れなぶん、何から手をつければいいのかわからなかったり、何のために片付けようと思っていたのか忘れてしまったり・・・。いつの間にか三日坊主になり、何度もチャレンジしても挫折ばかりの連続。片付けアレルギーを発症している場合もあります。

 

 

だからこそ、「片付けはハードルが高いもの」。そう感じられている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

けれども、残念ながら、あなたの人生において片付けは切りたくても切れない存在でもあるのです。

 

それは、あなたが何かを始めるとき、進学・就職・転職・結婚などのライフプランを大きく変えるとき、「あなたがどうしたいのか」を決断する局面に立ち向かうことになるからなのです。

 

ところで、おかたづけ便では、あなたが決断する局面に立ち向かえるように、まずは部屋の片付けから始めることを推奨しています。なぜだと思われますか?

それは、部屋の状態と人間関係に深いつながりがあるからなのです

 

  •  床一面、部屋全体にモノが散らかって、足の踏み場がない・・・
  • どこに何があるのかがわからなくて、使いたいときに使いたいモノが見つからない・・・
  • 棚にモノが詰まりすぎて、ちょっとした振動でモノが崩れ落ちてしまいそう・・・

 

などなど、片付けられない人ほど、このようなトラブルを抱えています。このような部屋に住み続けていると、最初は小さなトラブルでも、次第に「災難」に変化するのです。

 

たとえば、

  • 部屋に入るたびにイライラが募る
  • 片付けられないあなた自身にイライラして自己嫌悪に陥り、ストレスが溜まる
  • ストレス発散をするために、他人やモノに八つ当たりして、さらに自己嫌悪に陥る

 

これは一例なので、どの方でもこのようになるとは限りません。けれど、片付けられない人ほど、抱えたストレスをあなたの周りにいる家族、友達、彼氏・彼女、同僚・上司など、あなたが大切に想っている人や親切にしてくださっている人にぶつける傾向があるのも事実。人間関係が悪化して、孤立無援な状態を自分で作りかねません

また、どんなことにおいても、思い込みすぎてはいないでしょうか?

 

  • 自分の考えは「絶対に」正しい
  • 人からもらったアドバイスは受け入れられない(無視をする)

 

言葉にしないまでも、不満そうな言動を露骨にする方もいらっしゃいます。自分の思い込み(殻)から抜け出したくない、ある種の恐れがあるのかもしれません。繊細で、自分を否定されたように

感じる経験が多かったからこそ、どんどん保身に走ってしまっているのかもしれません。 なので、「片付けができないループ」の中で、ずっとモヤモヤすることになるのではないでしょうか

 だからこそ、部屋の片付けを通して、過去と現在を振り返り、未来のあなたを「あなたがなりたいあなた」に 、あなたの力で変える力を養い、新しい一歩を踏み出していただきたいのです。

 

これから、何十年も生きることになるでしょう。楽しいことも嬉しいこともたくさん起こるでしょう。そのぶん、悲しいことも苦しいことも経験することもあるでしょう。だからこそ、どのような人生を歩んでいくのか、考えるキッカケにしていただきたいのです。

 

 

「あなたのなりたいあなたになる」。

未来のあなたのために、今のあなたは何ができますか?