佐藤みなとのプロフィール

おかたづけ便 代表/片付けアドバイザー

おかたづけ便|片付けアドバイザー|佐藤みなと
元・片付けられない出身の私が片付けを決意した理由
「5.3畳、収納なし 」の部屋での新生活

私はバツイチ(マルイチ)です。

離婚する前に別居するために、逃げるように某シェアハウスへ引っ越しました。

 

部屋は5.3畳。しかも収納はなし。内見の時点で部屋が狭いことは十分にわかっていて、最小限の荷物を持ち運んだのですが、実際にすべての家具・生活用品を入れると、壁3面がギッシリ。室内用の物干しを置くと壁すべてがふさがれ、床は体育座りがかろうじてできる・・・というくらい。

 

3ヶ月ほど経って、生活を続けていると、モノの圧迫感が強すぎて、心身ともに疲弊。ストレスもマックス。洋服やら本やら・・・あらゆるモノが散らかり放題。気づいたら部屋がモノで埋め尽くされた汚部屋になっていました。

 

「これじゃマズい!!!!!」

 

同じ時期に離婚の調停裁判が始まっていて、あまりお金をかけられないし、外出して相手から何らかの攻撃を受ける可能性もあったしで、外出しない方が無難。部屋でできて、自分自身をリニューアルできること・・・ということで行きついたのが「部屋の片付け」でした。

とにかく始めないと何も始まらない、片付けを開始

ところが、片付けは小さいころから苦手でした。

置き場所を決めても、同じ場所には戻せません。代わりに、部屋のあちこちにモノが散らかり放題で、雑然としていました。母親には、片付けができないことで2秒に1回のペースで怒鳴られ、片付けができない私が根深く植え付けられていきました。

 

大人になってからは、マキシマリスト(たくさんのモノを持つ人)まっしぐらでした。

実家にいた頃は、性格・価値観が正反対の母親との関係は最悪で、こちらの話を聞かずに一方的に人格や言動を否定される日々。そこから解放されるために休みの日も常に外出。あてもなくウィンドウショッピングで衝動買いをし、モノが増える一方。結婚生活中も、元夫から逃げるようにして、同じような生活をしていました。

 

それでも、自分を、人生を変えたかったのです。

離婚をひとつの区切りとして、それまでとは違う人生・・・人生の第2章を始めたいと思ったからです。それは、過去の出来事は変えられませんが、未来は変えられるからです。このことを信じて、自分自身に向き合いながら、できるところから片付けに取り組むことにしたのです。

片付けができるようになってわかったこと

『人生のすべては環境で変わる』

自己啓発やビジネス書に書かれていたことと同じことが自分の身に起きたのです。部屋の片付けをしたことで、本当に人生が激変したのです。

 

まずは、自分自身に対する自信。

片付けできない歴は30年間。それと同じぶんだけ、異常に気にしていたのが他人の目でした。良く思われたい・・・その一心で、素の自分を殺し、世間の常識からずれないように振る舞うことに熱心でした。それゆえに、他人の意見に振り回されていたこと、それが普通だと思い込んでいたことを認識。思い切って素の自分を出しても何も変わらなかったこと。少しずつ、ありのままでも良いと思えるようになってきました。

 

 

そして、部屋で過ごすことの大切さ。

これまで、汚部屋から、両親から・・・あれこれと抱えていた問題点から逃げるように外出していた休日。時間もお金も浪費してきましたが、部屋がスッキリするにつれて、部屋で過ごす時間が増えていき、時間もお金も自分自身に投資できるようになりました。部屋がエネルギーチャージをするためのパワースポットとなり、心身が穏やかになっていったのです。

片付けアドバイザーをはじめたキッカケ

この数年は片付けブーム。本でもインターネットでも、片付けに関する情報はあふれています。それでも、片付けに苦手意識を持っていたり、なかなか手につかなかったり、片付けられない歴を更新しているのはなんでだろう・・・?不思議に思いませんか?

 

それは、片付けに関する情報の情報源は片付けのできる人だからです。『片付けをしたい!』という思いよりも、無意識のうちに『この人だからできたこと』という思いで情報を見ていて、『自分に片付けはできない』という思いが強くなっていくのです。

 

それだったら、ひとりで片付けようとしなくてもいいんじゃない?

 

そんな思いで、おかたづけ便を立ち上げ、片付けアドバイザーとして活動し始めました。

片付けを通して伝えたいこと
片付けの方法に正解はない!

あなたが片付けられないと感じるのは、『~しなければならない』と義務感を持っているからです。片付けのできる人が発信する情報を見て、『この人だからできたこと』『自分に片付けはできない』という思いを抱く一方で、『この人のようにならなければならない』と、無意識のうちに自分自身にプレッシャーをかけているのです。

 

もちろん、片付けられるようになるためには、収納方法や捨てることなどのノウハウを活かす必要があります。けれども、そのノウハウを活かす方法は性格や価値観で大きく変わります。片付けの方法に正解はないのです。

片付けは生活の一部!習慣として取り入れよう!

『人生100年時代』と言われる現代。健康寿命は、男性で70.42歳、女性で73.62歳です。

つまり、70歳前後までは自分自身で生活を営むことになり、人生をまっとうするまで、片付けをすることとなります。一時的にできていればそれでいい・・・というものではないのです。

 

そのために必要になるのは、片付けを習慣として取り入れることです。

近年では、家事代行サービスが拡大していて、自分で家事をする機会が減っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それは経済的に余裕があるからこそできることでもあります。どんな状況になったとしても自分自身で暮らしを整えること。片付けを習慣にすることで、これから先の暮らしを豊かにすることもできるのです。

あなたがあなたの足で人生を歩む、そのキッカケに片付けから始めてほしい

私は、そう思っております。

それは、主催するカフェ会の受講生が、心身に何らかの悩みを抱えていたからです。

 

悩みのタネは人それぞれ。同じ悩みを抱えている方はいらっしゃいません。その悩みに見て見ぬ振りをして、片付けられない自分を正当化しているのです。片付けをしなくても済む理由を探しているのです。

 

けれど、あなたの人生を動かすのはあなた自身。すべてはあなたの選択にゆだねられているのです。だからこそ、私は、あなたが自身の力で片付ける力を身につけてほしいのです。それが、あなたの習慣や行動に大きな変化を与え、生き方さえも変えるのです。

「じぶんづくりカフェ会」の開催

あなたがあなたのままで生きていく、その一歩を作りたい。このような思いから、カフェ会を定期開催しています。カフェ会は全部で3つあります。今のあなたに合ったカフェ会に参加してみるのはいかがでしょう?どのカフェ会も穏やかな雰囲気です。お会いできるのを楽しみにしています。

 

もうひとつの顔:アクセサリー作家としての活動

私のもうひとつの顔。それは「アクセサリー作家」です。

 

ミニマリストらしく、シンプルなアイテムを作っています。

どんな服装でも着回せるようにという思いを込めてものづくりをしています。

 

 ハンドメイドアクセサリーはこちらから⇒「m breeze」

認定・所属・実績
  • 心理カウンセラー3級
  • LINEトークCARE相談受付中(2018年6月~)
  • ストアカ 先生ランキング8位(2018年11月11日~17日集計分)
  • ストアカ 先生ランキング5位(2018年10月14日~20日集計分)
  • ストアカ 先生ランキング4位、講座ランキング1位・7位(2018年9月23日~29日集計分)
  • ストアカ 先生ランキング10位(2018年9月9日~15日集計分)
  • ストアカ 先生ランキング4位(2018年3月4日~10日集計分)
  • ストアカ 先生ランキング5位、講座ランキング3位・5位(2018年2月18~24日集計分)
  • ストアカ 先生ランキング3位、講座ランキング7位(2018年2月11日17日集計分)
マスコミ掲載履歴
メディア紹介

ホームページのほか、ブログ、Facebookにて情報を発信しております。

応援のほどよろしくお願いします。

活動実績
過去実績